老人性疣贅の原因と状態

老人性疣贅,条件,現象

 

老人性疣贅はシニア性いぼと呼ばれているいぼで、お婆さんに多いことがカタチだ。

 

老人性疣贅の原因は退化によるもので、80年齢以上になるとほとんどの人に老人性疣贅ができます。

 

こういういぼは悪性腫瘍ではなく良性腫瘍ですので、丸々放置しておいてもとにかく問題はありません。

 

老人性疣贅の恰好は顔つきや首だけでなく全身に行えることがカタチで、がたいは1mmから2mmそばだ。

 

色あいは淡褐色や灰褐色、黒色あいなどが多く、どの色あいのいぼができるかは人によって違いがあります。

 

汚れやほくろ、陽光末端化症などとがたいや色あいがとことん通じる結果、ビギナーが判別することは難しいです。

 

老人性疣贅と他のいぼとの違いは、シニア性いぼの原因は退化によるものですが、他のいぼはウイルス感染による箇所だ。

 

シニア性いぼはウイルス感染はすっかり無関係ですので、それぞれにいぼが入れ替わるようなことはありません。

 

他のいぼはウイルス感染が原因であるため、それぞれに感染することがあります。

 

老人性疣贅,条件,現象

 

シニア性いぼのがたいは1mmから2mmと甚だ狭苦しいですが、他のいぼは2mmから3mm程度のがたいのものが多いので、がたいが心持ち違ってきます。

 

シニア性いぼは各種色あいがある結果、他のいぼと色あいが通じる場合があります。

 

どちらのいぼも悪性腫瘍ではなく良性腫瘍ですので、他には大きな違いはありません。

 

シニア性いぼは良性腫瘍であるため、殊更診断をしなくても全く問題はありませんが、顔つきや首にシニア性いぼができると外見が悪くなる結果、外見を良くしたいそれぞれは素肌科の病院に行くといった診断をしてもらえます。

 

治療費はすべて自前になりますが、美素肌科も治療をすることが可能です。

 

黒色のいぼができた場合は、シニア性いぼではなく、がんなどの悪性腫瘍の恐れがありますので、念のために病院で診てもらうようにしましょう。

 

素肌科のクリニックでのシニア性いぼの診断は、恰好を通じて違いがあります。

 

老人性疣贅,条件,現象

 

ちっちゃないぼの場合は液体窒素による休止療法やレーザー診断で直すことができ、診断後は目立たなくなります。

 

液体窒素による休止療法では、液体窒素で患部を休止させ、かさぶたを形成します。

 

かさぶたは週から2ウィークすると剥がれる結果、かさぶたが剥がれるといったシニア性いぼも消えます。

 

レーザー診断では二酸化炭素レーザーを患部にあて、シニア性いぼを破壊します。

 

恰好によってはQ交代YAGレーザーやアレキサンドライトレーザーが使用される場合があります。

 

レーザー診断のメリットは根本的な診断が出来あることで、診断後はシニア性いぼは完全に無くなります。

 

首イボTOPページへ